アトピーについて

アトピーという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、アレルギーによるものなので、知る機会は少ないと思います。
アトピーは通称アトピー性皮膚炎と言われ、皮膚の状態が良くなったり悪くなったりを繰り返し、炎症を引き起こします。
特に皮膚のバリア機能が弱い人に症状が見受けられ、長続きをした場合慢性だと判断されます。
おでこや目のまわりなど内側に出る症状が多くです。
家族にアトピーやアレルギー体質の人がいる場合、遺伝をしてしまう可能性が高いです。
アトピーになるには皮膚のバリア機能が関係していますが、皮膚を守る細胞に細胞間皮質と呼ばれるものがバリア機能を担っています。
アトピー性皮膚炎の人はその細胞間皮質が少なく、バリア機能が低下しているため、細菌などが容易に皮膚に入ってきます。
そのため、皮膚が炎症しやすいのです。
さらにアトピーの場合、過剰に反応をしてしまうため、少しでも刺激があれば炎症をしてしまいます。
その繰り返しを行うため、免疫機能が異常に働いてしまうのです。
本来退治をしなくてもよい物質にまで反応をしてしまい炎症を起こしてしまうのです。
アトピーはこれを繰り返すことにより悪化する傾向があります。
ストレスや免疫も不安定になるので対処が必要になります。
アトピーの炎症を抑える方法としてステロイド外用薬があります。
ステロイドは免疫機能の働きを抑制してくれます。
副作用が気になる人もいると思いますが、塗った部分だけに作用されるのでそこまでひどくはありません。

しかし、長期間使用すると皮膚が弱くなってしまったり、血管が網の目に見えてしまうことがでてきますので、そうなった場合は医師にきちんと相談をしましょう。
また、スキンケアによって対処をする方法もあります。
アトピーの部分を刺激しないように注意をし、服装なども肌に刺激を与えないものを着る必要が出てきます。
特に皮膚の汚れには最新の注意を払わなければなりません。
また、バリア機能も低下をしているので保湿もしなければなりません。
とにかく皮膚を清潔にしなければいけません。
アトピーに関係ない人もいるかも知れませんが、アレルギーによって発症してしまう可能性は十分にあります。
対処の仕方をしっかりと学びアトピーになってしまった場合どうすればいいのかを考えられるようにしておきましょう。
万が一アトピーになってしまった場合は医師に相談し、適切な処置を受けれるようにしましょう。
以上です。

 

女性2