洗顔方法

洗顔に気を配っている人がいますが、もしかしたら間違った方法で洗顔をしているかもしれません。
例えば、冷水やお湯で顔を洗うと良いと聞いたことがあると思いますが、これは間違いです。
冷水によって毛穴を引き締められる感じはするかもしれませんが、温度の違いによって縮んでいるだけです。
またお湯を使うことで汚れを落としやすくはなりますが、落としすぎてしまうため、乾燥をしてしまう原因となります。
ですので、ぬるま湯で洗顔をするのがベストです。
洗顔をする際に肌に負担をかけないように泡を立てることがあると思いますが、ネットを使うと泡を簡単に作ることができます。
しかし、十分な水分が含まれていないと、摩擦を強くしてしまうことも考えられますので気を付けましょう。
水分をたくさん含んであげれば問題ありません。
またよくあるのが、顔を洗う際によく洗ってしまうことです。
洗顔の洗いすぎは肌バリアを壊してしまう原因になります。
肌バリアが壊れてしまうと角質を傷つけてしまうことになり、乾燥肌になります。
皮膚が薄い部分は特に注意が必要です。
洗顔する時間は基本1分です。

 

女性3

 

それ以上洗うのは肌に負担がかかるのでやめましょう。
また、タオルで水分を取る際も擦るようにしてはいけません。
摩擦が発生するだけで肌バリアを壊してしまうからです。
タオルで拭くときは、水分を吸わせるようにして、タオルに染み込ませてください。
また何回も何回も洗顔をすることは避けてください。
肌にも皮脂が必要です。
皮脂は汗と一緒になることで天然のクリームとなり保湿をしてくれる働きがありますが、洗いすぎるとその天然のクリームが無くなってしまいます。
皮脂が無くなると乾燥肌になり、バリア機能が低下してしまいます。
間違った洗顔方法を続けると乾燥肌になり、やがて敏感肌になります。
敏感肌になると少しの刺激でも耐えれなくなってしまうことがあり、炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。
間違った洗顔方法を続けるのはよくないので見直してください。
自分の肌に合う洗顔料を見つけることは難しいかもしれません。
ですが、とにかく気を付けて頂きたいのは摩擦です。
余分な負担を肌に与えないようにするためにも、摩擦が発生しないように心がけていきましょう。
また、スキンケア商品を扱う際も、肌への負担を軽減する心掛けをしなければなりません。
洗いすぎになりがちですが、肌バリアのことも考えていかなければならないことを念頭に考えておいてください。